株式会社マイクロテック
   ホーム  製品一覧  イベント情報  会社概要  会社沿革  お問い合わせ  アクセス  受託サービス 



    イメージ編集・加工ソフトウェア



イメージ編集・加工ソフトウェア | OCRソフトウェア

OCRソフトウェア (帳票マスター)
帳票用のOCRです。
  • 指定した部分ごとに、文字種文字数等の設定ができます。
  • OCR枠の認識ができます。
  • 簡易プログラムで認識結果を編集出力できます。
  • 1回に10000枚までのバッチ処理ができます。
  • オプションでバーコード認識もできます。
▲ ページトップへ


OCRソフトウェア (Pscan Serv)
詳細については、当社までお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォームへ→
▲ ページトップへ


イメージ編集・加工ソフトウェア | CAD→PDF変換ソフトウェア

CAD→PDF変換ソフトウェア (Pscan CAD)
詳細については、当社までお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォームへ→
▲ ページトップへ


イメージ編集・加工ソフトウェア | フォーム認識・仕分けソフトウェア

フォーム認識・仕分けソフトウェア (FormFix)
帳票のフォームを自動的に識別したり、フォームを除去したり、又元に戻したり(オーバーレイ)できます。この機能によりファイル容量や電送コストの大幅な軽減が可能となります。又、マークセンス機能もあります。

FormFixには、そのすべての機能を使用して、独自のオリジナルプログラムを作成できるツールキット版と、使いやすく機能化したアプリケーション版があります。

FormFixツールキット
C言語のSDKです。画像処理、フォーム認識等を170種以上の関数として提供しています。主な機能については、サンプルソースもついていますので、機能チェック、試行なども簡単にできます。

FormFixアプリケーション
利用形態に合わせ8種類のアプリケーションをご用意。その日のうちから業務に利用できます。
  • OMR(マークセンス)認識(APP01)
    登録されたフォームを認識し、その指定した部分に追記された情報があるかどうかを判別しオン・オフを出力します。 フォームを認識するので、複数のフォームの混在もOK。 登録フォームからの差分(追記データ)を認識するので、アンケートはがきなどマークシートフォーム以外でもOK。 記入の有無をチェックするので、マークシート以外にも、記入漏れチェックなどにも利用できます。
  • フォーム除去再生
    フォームを除去して、画像ファイルの大きさを小さくします。 フォームを除去するときにアラインメント情報(登録フォームとのずれ情報)も保存するので、再合成したときに、フォームと記入文字のずれがなく再生できます。 多量のデータの保存等にご利用できます。
  • フォーム切り貼り合成(APP03)
    フォームの指定した部分を切り取り、別の用紙に指定した大きさで貼り付けることができます。
    数種類のフォームの形を1種類に統一することができます。
    数種類のフォームから、必要情報だけを統一したリスト形式に編集出力することができます。
    1種類のフォームから、情報ごとのリスト(名前だけリスト、住所だけリスト等)を編集出力することができます。
  • テキスト情報貼り付け(APP04)
    CSV形式のテキスト情報を、画像上の指定した位置に画像として貼り付け合成することができます。
    パンチデータの目視チェックなどに利用できます。
    画像ファイルのファイル名を、画像上に合成することもできます。
  • フォーム切り貼り合成複数連続情報タイプ(APP07)
    裏表、連続ページ帳票など、1件の情報が複数枚のイメージに分かれる場合、それらの情報の連続性をとりながらイメージを切り貼り合成することができます。
  • 帳票分類システム(APP10)
    帳票を認識して分類します。帳票の種類ごとにフォルダーに分けること、または、ファイル名の拡張子をリネイムすることができます。
  • 画像分割システム(APP12)
    画像を指定した部分で切り取り、それぞれの部分毎に別フォルダーに出力します。
    切り取る前に画像補正(傾き補正等)を行います。
    このアプリケーションでは、フォーム照合をしないため、ノーマッチフォームが出ず、すべての画像が確実に処理できます。
    画像のセキュリティー向上などに利用できます。


PDFダウンロード: FormFix
▲ ページトップへ


画像品質評価ソフトウェア

画像品質評価ソフトウェア (GoldenThread)
米国連邦機関で使用するデジタルデータの標準化を推進するFADGI (http://www.digitizationguidelines.gov/)が2016年9月に承認した「文化遺産資料の静止画デジタル化に関する技術ガイドライン」 に準拠した画像品質の評価ツールです。現在、国際標準化機構によってISO-19264として規格化され、画像取り込み装置・作成されたデジタル画像の品質評価のデファクトスタンダードとして米国、 ヨーロッパで採用されています。

GoldenThread システム
機器の性能評価に使用するデバイスレベル・ターゲットと、スキャン原稿の横においてイメージの品質確認に使用するオブジェクトレベル・ターゲット、これらのイメージを読込み 品質評価をするソフトウェアがセットになっていますので、専門的な知識が無くてもグレー階調、色の精度、解像度、ホワイトバランス、色収差、 ノイズ、照明の均一性等の様々要素を解析して、客観的な数値としてイメージ画像を評価できます。

gsイメージ

こんな問題を解決します。
画像品質評価から曖昧さを取り除くことで、コレクション管理者、サービスプロバイダ―、デジタル化機器メーカーの三者間で業務を効率化することができます。
  • コレクション管理者 (図書館、博物館、美術館)
    大量のイメージデータの確認が出来ないため、仕様にあっていないイメージが納品されていたことがずっと後になって分かった。
    電子化作業で使う機器がA社とB社で違うために出来上がったイメージの品質がばらばらになってしまった。
  • サービスプロバイダ (デジタル化作業)
    作業を始めてからエンドユーザーの要望仕様が高すぎてコストに合わないことが分かった。
    お客様との打ち合わせで確認を取っていたが作業後にイメージの品質に対してクレームが入ったが、品質的に仕様範囲内であることを証明できない。
    機器の不具合を見逃してイメージが作成されてしまい、再作成のイメージの抜出を人の目で検証すると時間がかかったり、見落としの可能性もあるので結局全てやり直した。
  • デジタル化機器メーカー(スキャナー、カメラ、レンズ、他)
    カメラ・スキャナの性能が要求仕様を満たしているか。簡単に確認したい。
    機器の設置、点検、修理作業等の終了時にお客様も簡単に確認できる品質確認ツールが欲しい。
また、評価項目、合否判定の許容値はカスタマイズすることもできますので、ユーザーの希望に合った独自の基準での評価も可能です。

PDFダウンロード: gs

画質評価の答え
gsイメージ
右の画像の方が品質の良い画像です。左の画像は一見、良い品質に見えますが実際にはシャープがかかり過ぎてオリジナルの画像では詳細(時計の文字盤)の情報が失われています。

▲ ページトップへ




株式会社マイクロテック 東京都港区芝浦2-3-31 第2高取ビル4階 TEL:03-3798-5661 FAX:03-3798-5663
(C)Copyright 1999-2011 Microtek Inc. All rights reserved.